特集 > 介護アンケート結果一覧

介護ソフトに関する調査結果

他の事業所はどんな基準で選んでいる?費用は?

介護保険請求やケアマネジメント業務に欠かせない介護ソフト。介護サービス事業所では、予算や使い勝手などを考慮しながら、それぞれの希望に合致したソフトを購入し、業務の効率化を図っています。
しかし、数あるソフトから最適なものを選ぶのはなかなか難しいもの。ケアマネジメント・オンラインでは、会員ケアマネジャーを対象に、どのような基準で介護ソフトを選んでいるのかアンケート調査を行いました。
調査は2015年5月15日~5月18日に行い、577名のケアマネジャーから有効回答が得られました。回答者の勤務先として最も多かったのは「居宅介護支援事業所」で、428名(74.2%)が占めました。

介護ソフトに関する不満「不具合に対する対応が遅い」が最多

「現在介護ソフトを使用していない」と回答した人を除く524名に対し、「使用しているソフトが抱える問題」についてたずねたところ、「不具合に対する対応が遅い」をあげた人が199名(38.0%)で最も多い結果になりました。ソフトそのものではなく、不具合が生じた際のメーカーの対応に対して不満を抱く人が多いようです。以降には、「通信のトラブルで業務に支障をきたしたことがある」(165名、31.5%)、「国保連伝送請求の期間は動作がもたつく」(125名、23.9%)が続きました。

介護ソフトを選ぶときに重視するのは、「機能」と「金額」

介護ソフトの購入や乗り換えに関与できる立場にいる361名に、「ソフトを選ぶ際に重視すること」を聞いたところ、8割以上の人が、「機能」(302名、83.7%)あるいは「金額」(299名、82.8%)を重視することがわかりました。
その他には「操作性」(242名、67.0%)や「サポート」(156名、43.2%)という回答もみられました。

また、「ソフトの乗り換えを検討するタイミング」は、「介護ソフト価格改定時」(59名、16.3%)や「介護保険制度改定時」(31名、8.6%)などがあげられました。しかし、多くの人は「乗り換えの予定はない」(174名、48.2%)と回答しており、一度購入すると、同じソフトを使い続ける傾向にあるといえそうです。

介護ソフトにかかる金額「年間10万円以下」が4割

「介護ソフトにかける年間の費用」は、「不明」を除き、「5万円~10万円以内」(83名、23.0%)という回答が最も多く、以降は「5万円未満」(64名、17.7%)、「25万円~30万円未満」(35名、9.7%)が続きました。
ソフトにかける費用は年間10万円以内に抑えている事業所が多いようですが、おそらくは事業所の規模が関係するといえそうです。

ケアマネジメント・オンライン おすすめ情報

  • ケアマネに必要な高齢者への「食事」の支援方法
  • 介護報酬・診療報酬の改定を読み解くためのヒントをお届け
  • 種類、選び方はもちろん、「こんな時どうする?」実例集も掲載
  • 自立に役立ち、介助する方の使いやすい福祉用具をご提供
  • 「CMOメディカル」のメッセージを読むだけでポイントが貯まる!
  • 食事でお悩みのご利用者に。少量でしっかり栄養補給

介護関連商品・サービスのご案内

ログインしてください

広告掲載・マーケティング支援に関するお問い合わせはこちら >>

お知らせ